社会参加と社会貢献研究

メンバー

リーダー

研究副部長 村山 洋史

研究員 

鈴木 宏幸、野中 久美子、桜井 良太、高橋 知也、小川 将(プロジェクト)

非常勤研究員

飯塚あい、大辻みずき、金邉有里、斎藤みほ、佐藤研一郎、杉浦圭子、高瀬麻以、高橋佳史、長大介、中本五鈴、芳賀輝子、服部真治、雛倉圭吾、藤平杏子、
古谷友希、三林ゆい、松永博子、六藤陽子、村山幸子、山城大地、吉野伸哉、
李岩、渡邉彩

プロジェクトスタッフ

チーム独自ホームページに掲載

キーワード

プロダクティブエイジング、社会参加、社会貢献、世代間交流、多世代共創、社会的孤立、ソーシャルキャピタル

主な研究

1 プロダクティブエイジングの促進に資する各種プログラム・システム開発

(a)就労支援に資する研究

(b)ボランティア・生涯学習促進に資する研究

(c)多世代共生に資する研究

2 社会参加が健康に影響を与える心身社会的機序の解明と新たな健康度の評価手法の開発

研究紹介

 私たちの描く未来-基本ビジョンは「高齢者が導く持続可能な多世代共生社会の実現」です。基本理念は、「高齢者によし、若年者によし、世間(社会)に良し」の「三方良し」です。その実現に向けて、20年、30年先を見据えた長期的目標として、《A》健康度に応じた高齢者のシームレスな社会参加が可能な地域社会の実現、《B》良好な世代間関係構築に寄与する社会貢献が可能な地域社会の実現、を掲げています。
 更に、具体的なステップとして、5年間(2018~23年度)に達成すべき3つの中期目標:【1】多様な社会参加の機会の増加、【2】社会参加による健康維持・増進、【3】世代間の相互理解・互助の促進を設定しました。それらを達成するために、以下の研究に取り組んでいます。
【基本ビジョンと第三期中期計画】
001.png

 研究体制は、(A)プロダクティブエイジングの促進に資するプログラムやシステムを開発する実践的研究と、(B)社会参加が健康に影響を与える心身社会的機序(メカニズム)の解明および評価手法に関する基盤的研究(社会参加‐健康関連メカニズム・評価手法研究G)に大別され、相互に連動しています。なお、(A)については、高齢者の機能的健康度に応じた社会参加活動に関連して、(a)就労支援研究G、(b)ボランティア・生涯学習促進研究G、(c)多世代共生研究Gの3つのグループに分かれていますが、生きがい就労や世代間交流ボランティアといった境界領域の活動についても分野横断的に連携しながら研究を進めています。
【健康度に応じた社会参加活動と中期計画の研究体制】

002.png

 具体的な研究課題は以下の四点です。
1 (a)就労支援研究は、有識者による研究会(ESSENCE研究会と称すhttps://sites.google.com/site/elderlyemployment/)や各種コホート調査および雇用者調査を通して、高齢者と社会にとって望ましい「働き方」とその支援策を提示します。加えて、社会的ニーズの極めて高い福祉系業種への就労を勧奨する手立てについて検討します。特に、介護の周辺業務(準備、整理、誘導など)を短時間担う高齢介護助手の実態や多面的効果についての研究に取り組んでいます。これらの研究成果を自治体のいきがい就労支援紹介事業に反映しています。
【高齢期の就業が生活機能の維持に及ぼす影響】
003.png


1 (b)ボランティア・生涯学習促進研究は、絵本読み聞かせプログラムの進展および多様な新規プログラムの開発・応用を通して、(1)生涯学習を通じた健康維持・増進プログラム、更には社会貢献へと進展するプログラムの開発と実装、(2)社会参加活動の自主化および長期継続要因と支援策の提示、(3)社会参加活動の波及効果を検証してきました。絵本読み聞かせプログラムは、首都圏を中心に17自治体と協働し展開しています。また、プログラム受講後に自主運営を継続している団体の多くは、NPOりぷりんと・ネットワークに加入し、子どもへの読み聞かせボランティアとして活躍するとともに高齢者ボランティアの様々な課題についての研究に協力を頂いています。
【三方良し】
004.png


また、新たに生涯学習促進研究として、初心者向け囲碁プログラムを開発し認知機能や脳機能への効果を検証しています。
【新規学習(囲碁ルールの習得)はその内容と関連する脳機能の向上に寄与する】
005.png

1 (c)多世代共生研究は、三層からなる多世代交流と互助の仕組みの構築を目指して「場やプログラム」、「人材」、「ツール」の側面からそれぞれ好事例・要件を提示します。併せて、首都圏自治体におけるアクションリサーチを通じて、それらをコーディネートするサイトや研修プログラムを開発しています。具体的には、住民間互助を促す多世代交流拠点の運営方法の解明に関する量的調査(サロンの継続・消滅要因の検討)と質的調査(都市部サロンの運営手法の深堀調査)、住民主体の生活支援活動を生み出す協議体立上げの機序解明を目的に、先駆的自治体への調査、住民主体の有償・無償ボランティアの運営者と利用者への調査を実施しています。
【多世代交流と互助の仕組み(多世代型介護予防・日常生活支援総合事業プロジェクト)の全体イメージ】
006.png

2 社会参加‐健康関連メカニズム・評価手法研究は、まず、いわゆる「社会的フレイル」こと、フレイルの社会的側面の概念を明らかにします。方法は高齢者の社会参加・交流と健康の因果関係について、様々な郵送調査や健康調査および実験室的調査(ヒトおよび動物レベル)の両面から検討し、その背景メカニズムについて解明します。例えば、地域在住高齢者を対象とした縦断調査から、「閉じこもり」と「孤立」の単独あるいは重積した影響を示しました。また、「独居」や「孤食」が直接、健康に影響を与えるのではなく、社会的ネットワーク(他者との交流の幅)が介在していることも明らかにしました。更に、社会参加を阻害する要因として、歩行や感覚器等との関連を検討します。また、今後のコミュニケーション方法の変容を見据えて、SNS利用と健康度の関連を明らかにします。

評価手法研究については、私たちが、開発した軽度認知機能低下(MCI)のスクリーニング尺度Montreal Cognitive Assessment(MoCA)の日本語版MoCA-J(Fujiwara&Suzuki他, 2010)は、臨床現場でも活用される一方で、地域での応用も広がっています。この経験を踏まえて、ICTを用いるなど、できるだけ被検者に負担が少なく感度・特異度の高い新規の検査を開発しています。
【閉じこもり傾向と孤立が重積すると死亡リスクが高まる】
007.png


過去3年間の主要文献

1.Sakurai R, Kawai H, Suzuki H, Kim H, Watanabe Y, Hirano H, Ihara K, Obuchi S, Fujiwara Y: Association of eating alone with depression among older adults living alone: Role of poor social networks. Journal of Epidemiology (in press)

2.Iizuka A, Ishii K, Wagatsuma K, Ishibashi K, Onishi A, Tanaka M, Suzuki H, Awata S, Fujiwara Y:Neural substrate of a cognitive intervention program using Go game: a positron emission tomography study. Aging Clinical and Experimental Research, 2020.1. Doi: 10.1007/s40520-019-01462-6

3.Sakurai R, Kawai H, Suzuki H, Kim H, Watanabe Y, Hirano H, Ihara K, Obuchi S, Fujiwara Y: Poor Social Network, Not Living Alone, Is Associated With Incidence of Adverse Health Outcomes in Older Adults. J Am Med Dir Assoc, 20(11), 1438-1443, 2019.11.

4.Murayama H, Amagasa S, Inoue S, Fujiwara T, Shobugawa Y: Sekentei and objectively-measured physical activity among older Japanese people: a cross- sectional analysis from the NEIGE Study. BMC Public Health, 19(1):1331, 2019.10.

5.Sakurai R, Watanabe Y, Osuka Y, Taniguchi Y, Kawai H, Kim H, Kitamura A, Inagaki H, Montero-Odasso M, Awata S, Shinkai S: Overlap between Apolipoprotein Eε4 Allele and Slowing Gait Results in Cognitive Impairment. Frontiers in Aging Neuroscience, 11:247, 2019.9.

6.Murayama H, Ura C, Miyamae F, Sakuma N, Sugiyama M, Inagaki H, Okamura T, Awata S: Ecological relationship between social capital and cognitive decline in Japan: A preliminary study for dementia-friendly communities. Geriatrics & Gerontology International, 19(9), 950-955, 2019.9.

7.Takahashi T, Nonaka K, Matsunaga H, Hasebe M, Murayama H, Koike T, Kobayashi E, Fujiwara Y: Factors relating to social isolation in urban Japanese older people: A 2-year prospective cohort study. Archives of Gerontology and Geriatrics, 86, 2019.9.

8.Iizuka A, Suzuki H, Ogawa S, Kobayashi-Cuya KE, Kobayashi M, Takebayashi T, Fujiwara Y: Can cognitive leisure activity prevent cognitive decline in older adults? A systematic review of intervention studies. Geriatrics & Gerontology International, 19(6): 469-482, 2019.6.

9.Sakurai R, Kawai H, Suzuki H, Ogawa S, Kim H, Watanabe Y, Hirano H, Ihara K, Obuchi S, Fujiwara Y:An epidemiological study of the risk factors of bicycle-related falls among Japanese older adults. Journal of Epidemiology, 29(12):487-490, 2019.5.

10.Nonaka K, Fujiwara Y, Watanabe S, Ishizaki T, Iwasa H, Amano H, Yoshida Y, Kobayashi E, Sakurai R, Suzuki H, Kumagai S, Shinkai S, Suzuki T: Is unwilling volunteering protective for functional decline? The interactive effects of volunteer willingness and engagement on health in a 3-year longitudinal study of Japanese older adults. Geriatrics & Gerontology International, 19(7), 673-678, 2019.4.

11.Murayama Y, Murayama H, Hasebe M, Yamaguchi J, Fujiwara Y: The impact of intergenerational programs on social capital in Japan: a randomized population- based cross-sectional study. BMC Public Health, 19(156), 2019.2.

12.Iizuka A, Suzuki H, Ogawa S, Kobayashi-Cuya KE, Kobayashi M, Inagaki H, Sugiyama M, Awata S, Takebayashi T, Fujiwara Y: Does social interaction influence the effect of cognitive intervention program? A randomized controlled trial using Go Game. International Journal of Geriatric Psychiatry, 2018.11. doi: 10.1002/gps.5024

13.Kobayashi-Cuya KE, Sakurai R, Suzuki H, Ogawa S, Takebayashi T, Fujiwara Y:Observational Evidence of the Association Between Handgrip Strength, Hand Dexterity, and Cognitive Performance in Community-Dwelling Older Adults: A Systematic Review. Journal of Epidemiology, 28(9):373-381, 2018.9.

14.Kobayashi-Cuya KE, Sakurai R, Sakuma N, Suzuki H, Yasunaga M, Ogawa S, Takebayashi T, Fujiwara Y:Hand dexterity, not handgrip strength, is associated with executive function in Japanese community-dwelling older adults: a cross-sectional study. BMC Geriatric, 18(1):192. 2018.8.

15.Nemoto Y, Nonaka K, Hasebe M, Koike T, Minami U, Murayama Y, Murayama H, Matsunaga H, Fukaya T, Kobayashi E, Maruo K, Fujiwara Y:Factors that promote new or continuous participation in social group activity among Japanese community-dwelling older adults: a 2-year longitudinal study, Geriatrics & Gerontology International,18(8):1259-1266,2018.8.

16.Sakurai R, Yasunaga M, Nishi M, Fukaya T, Hasebe M, Murayama Y, Koike T, Matsunaga H, Nonaka K, Suzuki H, Saito M, Kobayashi E, Fujiwara Y:Co-existence of social isolation and homebound status increase the risk of all-cause mortality. International Psychogeriatrics, 2018.7. doi: 10.1017/S1041610218001047

17.Murayama H, Liang J, Shaw BA, Botoseneanu A, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S: Age and gender differences in the association between body mass index and all-cause mortality among older Japanese. Ethnicity & Health, 4:1-14, 2018.5.

18.Iizuka A, Suzuki H, Ogawa S, Kobayashi-Cuya KE, Kobayashi M, Takebayashi T, Fujiwara Y:Pilot Randomized Controlled Trial of the GO Game Intervention on Cognitive Function. American journal of Alzheimer's disease and other dementias, 33(3):192-198,2018.5

19.Sakurai R, Bartha R, Montero-Odasso M:Entorhinal Cortex Volume Is Associated With Dual-Task Gait Cost Among Older Adults With MCI: Results From the Gait and Brain Study. Journal of Gerontology. Series A: Biological Sciences and Medical Sciences, 74(5):698-704. 2018.5.

20.Sakurai R, Ishii K, Sakuma N, Yasunaga M, Suzuki H, Murayama Y, Nishi M, Uchida H, Shinkai S, Fujiwara Y:Preventive effects of an intergenerational program on age-related hippocampal atrophy in older adults: The REPRINTS study. International Journal of Geriatric Psychiatry, 33(2):e264-e272. 2018.2.

21.Sakurai R, Ishii K, Yasunaga M, Takeuchi R, Murayama Y, Sakuma N, Sakata M, Oda K, Ishibashi K, Ishiwata K, Fujiwara Y, Montero-Odasso M:The neural substrate of gait and executive function relationship in elderly women: A PET study. Geriatrics & Gerontology International, 17(11):1873-1880. 2017.11, DOI: 10.1111/ggi.12982

22.Sakurai R, Montero-Odasso M: Apolipoprotein E4 allele and gait performance in mild cognitive impairment: Results from the Gait and Brain Study. Journal of Gerontology. Series A: Biological Sciences and Medical Sciences: 72(12):1676-1682. 2017.11.

23.Nonaka K, Suzuki H, Murayama H, Hasebe M, Koike T,Kobayashi E, Fujiwara Y:For how many days and what types of group activities should older Japanese adults be involved in to maintain health? A 4-year longitudinal study, Plos One, 12(9): e0183829. 2017.9

24.Sakurai R, Fujiwara Y, Ishihara M, Yasunaga M, Ogawa S, Suzuki H, Imanaka K: Self-estimation of physical ability in stepping over an obstacle is not mediated by visual height perception: a comparison between young and older adults. Psychological Research, 81(4):740-749. 2017.7.

25.Fujiwara Y,Nishi M,Fukaya T,Hasebe M,Nonaka K,Koike T,Suzuki H, Murayama Y,Saito M,Kobayashi E:Synergistic or independent impacts of low frequency of going outside the home and social isolation on functional decline: A 4-year prospective study of urban Japanese older adults. Geriatrics & Gerontology International,17(3), 500-508, 2017.3.

26.村山幸子,倉岡正高,野中久美子,田中元基,根本裕太,安永正史,小林江里香,村山洋史,藤原佳典:児童・生徒のあいさつ行動と地域愛着および援助行動との関連. 日本公衆衛生雑誌, (印刷中).

27.小川将, 鈴木宏幸, 高橋知也, 村山陽, 松永博子, 藤田幸司, 本橋豊, 藤原佳典:高齢者ボランティアとの協働によるSOSの出し方に関する教育授業の開発と評価:中学生への3ヶ月持続効果の検討. 自殺総合政策研究, (印刷中).

28.村山洋史, 小宮山恵美, 平原佐斗司, 野中久美子, 飯島勝矢, 藤原佳典:在宅医療推進のための多職種連携研修プログラム参加者におけるソーシャルキャピタル醸成効果:都市部での検証. 日本公衆衛生雑誌, 66(6), 317-326, 2019.6.

29.根本裕太, 倉岡正高, 野中久美子, 田中元基, 村山幸子, 松永博子, 安永正史, 小林江里香, 村山洋史, 渡辺修一郎, 稲葉陽二, 藤原佳典:若年層と高年層における世代内/世代間交流と精神的健康状態との関連. 日本公衆衛生雑誌, 65(12):719-728, 2018.12.

30.小林江里香, 野中久美子, 倉岡正高, 松永博子, 村山幸子, 田中元基, 根本裕太, 村山洋史, 渡辺修一郎, 稲葉陽二, 藤原佳典:「地域の子育て支援行動尺度」の多世代への適用可能性と支援行動の世代別特徴, 日本公衆衛生雑誌,65(7):321-333,2018.7.